小型グリップヘッド

ずっと考えていたのですが、なかなか良いアイデアが出ないままになってました。
構造的には市販のグリップヘッドを参考に、各部を小型にしたらどうなるかやってみました。

クランプは中華製のマンフロット・ナノクランプもどき、支持棒をくわえる部分の大きさは45mm角で手近にあった木材で作りました。
重量は現状で200g強です。
わりとしっかりと固定でき1型2型はもちろん、3型でも使えました。

20140330-小型グリップヘッド

20140330-小型グリップヘッド

20140330-小型グリップヘッド

 
クランプをダボに差し替えてみました。
横穴付のスタンドなら直接装着できます。
20140330-小型グリップヘッド

20140330-小型グリップヘッド

直管型LEDのその後

以前購入したPHILIPSの直管型のLEDですが、片方の電極に100V/ACを接続するだけで使えます。
簡易なホルダーを製作し、短いほうはデスクスタンド代わりに、長いほうは工作作業の時に作業灯として使っています。

パイプはφ15mmのアルミパイプで、黒いプラスチック部分はイレクターのプラスチックジョイント(品番:J-46)を加工してパイプに接着&ネジ止めしています。
ライトの方が若干細いのでジョイントの内側にゴムを貼って調整しています。
電極への接続には、梅電社のリード線付 簡易防水ソケットの25.5mm用を使用しました。

20140106-直管型LED

20140106-直管型LED

20140106-直管型LED

斜め掛けストラップの自作2

ARTISAN&ARTISTのストラップの長さ調整機能がシンプルで使いやすそうなので参考にして作ってみました。
この長さ調整機能は長さを縮めた際、ストラップの端がだらんと伸びたりしないのが利点です。

ご本家のストラップとの違いは、ご本家の物は通常のストラップのようにカメラのアイレットに取り付けるのに対し、BLACKRAPIDのストラップのようにカメラ底面の三脚穴に取り付けるようにしています。
(写真では、BLACKRAPID:FASTEN R-3にアルカスイス互換のクイックリリースクランプを装着しています。)

斜め掛けストラップの自作2

 
 
ご本家ARTISAN&ARTISTのストラップはこちら 

 

 
【 以前のトピックス:最近流行りの斜め掛けストラップ 】